沿岸名所のご案内

大阪市中央公会堂

中央公会堂 原著作者:NISHIGUCHI,Masahiro

北浜の風雲児と呼ばれた相場師・岩本栄之助が、父の遺産と私財をあわせた100万円を寄付し、蔵屋敷の廃止後衰退し再生を模索していた中之島に、1918年(大正7年)11月17日オープンさせた、国の重要文化財です。

岩本栄之助は第一次大戦による相場の変動で大きな損失を出し、公会堂の完成を見ないまま1916年(大正5年)に自殺しましたが、各種の講演・会合などが催され、今も大阪市民に親しまれています。


天満橋

天満橋 原著作者:Nkns

天満橋は天神橋、難波橋と並ぶ浪速三大橋の一つです。
2階建ての構造で、渋滞緩和のために上部は土佐堀通をまたぐ跨道橋になっています。


大阪城公園

大阪城

大阪城は安土桃山時代、石山本願寺の跡地に豊臣秀吉が築城した、姫路城、熊本城と共に日本三名城の一つです。立地として上町台地の北端に位置し、北に淀川が流れる天然の要害であり、交通の要所でもありました。

大坂夏の陣で焼失。2代将軍徳川秀忠によっ再建され、明治維新の混乱のうちに再び焼失し、現在の天守閣は1931年(昭和3年)に完成し、1997年(平成9年)の大改修工事を経て現在に至ります。

大阪城公園は総面積105.6haの広大な公園です。西の丸庭園の桜や梅林が四季の装いを見せ、市民の憩いの場として訪れる人が絶えません。


毛馬桜之宮公園

毛馬桜之宮公園

毛馬桜之宮公園は天満橋から大川沿いに毛馬の洗い堰までの、約4.2kmにわたるリバーサイドパークです。

右岸沿いには造幣局、泉布観などの明治初期を代表する建物が並び、大川の流れに沿ったプロムナードには桜並木が続いており、大阪随一の桜の名所として知られています。


毛馬の洗い堰

毛馬の洗い堰 原著作者:Kansai explorer

毛馬の洗い堰は、淀川から大川に流れ込む水量を調節し、船運の利便を図る目的で明治40年竣工。
現在、洗堰と第一閘門は国の重要文化財で、第一閘門周辺は公園施設として整備されています。


泉布観(せんぷかん)

大阪城

泉布観は、明治4年に造幣寮(現在の造幣局)の応接所として建設された、大阪府で現存する最古の洋風建築です。

国の重要文化財に指定されており、毎年3月下旬に一般公開されます。
2012年の一般公開は、改修工事のために残念ながら中止となりました。


造幣局

造幣局

造幣局は、硬貨の製造、勲章・褒章及び金属工芸品等の製造を行う、独立行政法人の本局です。

元は藤堂家の大坂屋敷であり、同家が植栽していた桜が造幣局にも引き継がれ、約120品種、約400本の桜が植えられています。

毎年4月中旬から下旬にかけての開花時期には「造幣局の通り抜け」として一般開放され、大阪の桜の名所として多くの人で賑わいます。
2012年の大阪桜の通り抜けは、4月17日(火)~4月23日(月)の7日間、10:00~21:00(土・日は09:00~21:00)まで。


中之島剣先公園 大噴水

大阪城

剣先公園は、中之島東側の土佐堀川と堂島川をわける、尖った島の部分に位置します。

先端には大噴水が設置されており、堂島川から取水した水を濾過・殺菌処理して、10:00~20:00の毎時0分と30分にそれぞれ5分間、高さ20メートル・距離60メートル・毎分2.2トンの水を吐出させています。